やっと積み増しが0になったジャイアンツ。この先が非常に憂慮。

 初期戦はやっぱししのいでいたものの、ここにきてはなはだつらい取り組みがつづいていらっしゃるジャイアンツですが、なんとか首位カープに3連敗を喫して蓄財が0になってしまいました。しかもカープ戦はまったくと言っていいほどいいところなしで、とにかく2戦目線は近年の大殊勲パーソンでもある山口が打ち込まれるというため、正しく現在のジャイアンツの形勢を象徴しているような試合でした。
 思えば、今柱として活躍した阿部慎之助や内海が2軍にいて、頼りのサポーターであったはずのギャレットも近頃2軍降格となれば、勝率が5割限りあったことが逆に不思議なくらいで、坂本、クルーズあたりがどうにか頑張って今のところをキープしておる匂いを受けてしまう。一時期は、良い場合打っていた匂いの残る小林捕手も、自ずと打率が1割席になり、そのことからもガイド実態でかなりの問題がいらっしゃるような感じです。先発で信用できるのが菅野だけという今の投手力では、いたしかたないのかもとも思いますが…。
 今後のジャイアンツがどのように戦っていくのか非常に動揺されます。高橋由伸新演出も本当に心労が重なっているのではないでしょうか。初めて阿部あたりが1軍にあがり、色んな実態で現実を打倒できることを目論見する。
 銀座カラー 値段